0120-959-9779:00 ~ 18:00(土日祝日を除く)

お問合せ

ビジネスソリューションBusiness Solution

ファイナンススキーム・アセットファイナンス

顧客ニーズに対応したオーダーメイドのスキームを提案します

中小・中堅企業様へ、ストラクチャードファイナンス・不動産ファイナンス・M&Aファイナンスを活用した、顧客ニーズに対応したオ-ダーメイドのサービスを提案します。

ストラクチャードファイナンス(プロジェクトファイナンス)

  • 企業の信用力そのものに依存するのではなく、事業から生まれるキャッシュフローに着目して融資する金融手法。
  • 株式や債券などの伝統的な資金調達手段にとどまらず、取引上の仕組み(Structure)を工夫する金融をいいます。

当社ではお客様の検討しているプロジェクトの内容により、オーダーメイドで仕組みを組成し、資金調達をサポート致します。

当社は事業者向けファイナンス会社としての役割として、案件への資金供給が中心になります。通常は投資家や金融機関からの資金を調達するものの、諸事情により予定していた投資家等から資金調達ができなくなるケースも発生します。代わりの投資家等を探す時間がない場合は、アレンジャーとのコミュニケーションにより、融資のリスクリターンを把握できる場合は資金を一時的に拠出して融資致します。

M&Aファイナンス(LBO/MBO)

LBOやMBO取引をはじめ企業のM&Aを目的としたお借り入れ等のファイナンスです。これらについて、担当スタッフがお客さまの実情に適した資金調達手段をご支援いたします。

LBOとは、Leveraged Buyout(レバレッジ・バイアウト)
M&Aの一つで、借入金を活用した企業又は事業買収のことを指します。企業やファンドが他社を買収する際に、買収資金を自己資金だけで賄うのではなく買収先の資産や将来のキャッシュフローを見合いとした借入金等で調達して買収を行う方法です。買い手やスポンサーは少ない資金で事業・企業を買収することができます。

MBOとは、Management Buyout(マネジメント・バイアウト)
経営陣が自ら会社の株式や事業をその所有者から買収することを指します。金融機関等と協力して、親会社から株式等を買収し、独立する取引です。その際の資金調達手法としてLBOを用いた例が多くみられます。

中小企業のお客さまにも、MBO/LBOといったM&Aファイナンスを用いたサービスを提供させていただきます。

ABL(アセットベースドレンディング)

ABL(Asset Based Lending:資産担保融資)は、企業様の事業活動を形成する在庫や売掛金、機械設備等に担保として活用する金融手法です。

メリット
  • 資金調達手段の多様化
  • 機動的な運転資金の確保
  • 余剰在庫の売却(在庫の品質向上を通じた利益率の向上を目指すこともできる)
  • 内部管理体制の強化・整備
  • 金融機関との信頼関係強化

自己信託スキーム

自己信託制度を利用して、委託者の事業活動から生ずる支払債務の弁済と事業用資金を調達するための担保として機能させることを企図しております。
「資金の調達」を迅速に可能にする方法として、「自己信託」の活用をご紹介させていただくとともに、
会社⇒取引先(一次下請事業者)⇒仕入先/孫請事業者(二次下請事業者)に、皆様の会社の支払代金が確実に流れていく方法として利用することも可能です。
取引先による自己信託制度の活用は、「資金調達」と「代金の確実な支払い」という2つの課題の解決策になりえると考えています。

不動産ファイナンス

事業用不動産・投資用不動産、賃貸用不動産等の生み出すキャッシュフローを主たる返済原資として不動産取得・開発における資金調達をサポートいたします。

不動産業者向けファイナンス

新たに不動産の取得・開発をお考えの業者様、投資物件のご購入資金や不動産業者様の物件仕入れ資金、競売物件の落札費用、売買契約後のつなぎ資金等、多様な資金使途に対応いたします。また、金融機関とルートのある当社がニーズに合致した金融機関をご紹介いたします。

不動産ノンリコースローン

特定の不動産のみを担保とし、その担保不動産から得られるキャッシュフローを返済原資とするローンです。
借入債務の不履行が生じた場合であっても、債権者による遡及対象は当該不動産に限定されます。

不動産ノンリコースローン

メリット
  1. レバレッジ効果による投資効率の向上
  2. 資産のスリム(オフバランス)化による財務指標の改善
  3. 不動産保有リスクの回避
  4. 保有コスト削減及び費用の平準化
  5. 遡求回避

クレジット支援スキーム

小さい資金で投資効果を上げ、さらに収益性を高めることになります。具体的には、自己資金と借入金を併用することで、見た目の利回り以上の収益を得ることができます。

クレジット債権を担保としたファイナンス例

クレジット支援スキーム

クレジット会社の場合
  • まとまった債権を担保することで、キャッシュフローを前倒しで利用でき、レバレッジ効果を見込めます
  • 借入など他人資本で資金を調達することで、自己資本のみで事業を行う場合より、投資利回りが向上します。
自社割賦販売の場合
  • 加盟店はクレジットの利用によって売上増加が見込めます。
  • 提携信販会社と行なっていたクレジット契約の都合で販売が左右されません。
  • 販売割合を自社クレジットに移行した場合、短期的にはキャッシュフローが逼迫してしまいます。
  • 受注が増えるほど販売会社の資金負担が重くならないように、弊社が資金提供させていただきます。

有価証券担保スキーム

有価証券担保スキームとは個人、法人のお客様を対象として、有価証券を担保としてご融資する金融サービスです。一般のお客様や、上場企業の経営者様、大株主の方、又は法人様が保有する上場有価証券を担保にご融資を提供しており、大口のお客様も対応しております。
有価証券を「お客様名義のまま」担保としてご融資いたしますので、今、売却はしたくないが、資金調達をお考えの企業様や様々な資金ニーズに対し、資産を有効活用した資金調達が可能となります。

証券管理会社: 日本証券代行株式会社
当社が契約する証券管理会社にて担保株(振替株式)の管理を行わせていただきます。
株式等振替制度における証券保管振替機構取り扱いの株式を当社が契約する証券管理会社にお預かりすることにより、お客様ごとに管理し、担保設定をするスキームです。

【当社は投資勧誘等は一切行いません。】

お問い合わせ